「もっと食べなきゃ!」信仰に洗脳されていませんか?

こんにちは。

神戸市北区の自宅サロンでダイエットカウンセリングFabulus!をひらいている森聡美です。

先日、師匠のひとみ先生に会い、またはっと気づかせてもらったことがあるのでシェアしますね。

私は先生の指導のもと、2017から2018にかけて一年間で十二㎏痩せ、カウンセラーの資格も習得し、自身の経験を活かし現在はダイエットカウンセリングを行っています。

自分がダイエットしていた間、何度も何度も×100000回…….  んども、なっんども!何度も先生に「まだまだ食べなあかんと思いこんでますねー!そんなに食べる必要はないんですよ。」と言われました。

にもかかわらず、気を緩めると、またその信仰に頭が戻っているんですねー。

小さい頃、実はわたくしこう見えて病弱で、小3までガリガリだったので、母からよく「もっと食べなさい!もうおなかいっぱい?苦しいまでたべなあかんよ!」と言われていたのです。

やっぱり親から言われる言葉って、自分の中にあっていつまでも無意識に自分を縛っている事ってありますよね。

それにテレビでも、こっちの食材がいいよ!こっちも最高だよ!ともっともっと!食べろ!と洗脳している気がします。

この前、テレビで体によい食事について特集していました。

三大栄養素の炭水化物、脂質、タンパク質について、それぞれおすすめ食材を取り上げていました。

タンパク質の項目で、枝豆がよいかピーナツがよいかの話になり、その際はピーナツに軍配があがりました。

ピーナツの中でも、パンにぬるピーナツクリームは糖分も多いしおすすめではないが、その点ピーナツバターだと甘すぎず体によいとその番組では言っていました。

ピーナツバターを毎日朝パンに塗って食べている男性の血管年齢が実年齢よりも20歳若かったそうです。

すると主人がすぐに飛びついて、「楽天で買おか?!」とネットを見始めました。😅😅😅😅😅

「どれがいいかなぁ?」とワクワクの夫。そのときは在庫があるようでした。

しかし、またテレビに意識が行って、テレビを見終わるころに主人が「はっ」と思い出して、そのサイトでピーナツバターを買おうとしたら、なんと売り切れていたんです。

残念!負けてしまった!?てかぁ!?

いえいえ、私は、それだけ国民の人がテレビに操作されてるんだなと思いました。

ピーナツバター、確かにいいでしょう。

でも、食生活において大切なのはやはりバランスです。

○○だけ食べていれば健康になれる!という食材はありません。

食べるものの色もいろんな色をとるのがいいですね。一回の食事ですべてをとることは無理でも、一日トータルで、または数日間でバランスを見て食べていただくと、不足を補う事もできます。

そして、時間が来たからと食べる必要はありません。(かつて私はそうでした。)

一日に最低一回くらいおなかがグーと鳴るのが理想です。

おなかが鳴るのは同時にアンチエイジングでもあるのです。

ただいま20キロ減量中のC様。↓

私自身、痩せる前と痩せた後で変わったところは顔だと言われます。

相変わらず鼻は大きいですが(昔ジャッキーチェンに似てると言われました。でもファンだったので嬉しかった😂)💦、顎がシャープになり、肉が減り目などパーツが浮き出ました。

あっ、右下の写真、シミを取ってきたのでテープ貼ってます(^^;)

拭き掃除ロボットゲットして、シミも取りに行ったし、2020年は長年やりたかったことをどんどん実行しようと思います。

楽しいよー♪

次は、海外旅行をしたことのない母を海外に連れて行きたい。

のですが、コロナ騒ぎでどうなるか。。。。?年齢も年齢なので急がないと!と思うのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です